title 指導方法

勉強する小学生

個別指導の時間には、その生徒がどこがわからないのか、どこにつまずいているのかをじっくりと見極めて、同じような学力、弱点を有する生徒をグループ化します。
その上で、個別指導の良さと集団指導の良さがでる程度の規模の少人数授業で学力の深化を図っていきます。

こうすることで個別指導にありがちな、競争のない環境に置かれることを避けて、近い学力の生徒との競争を通じてやる気を高めていきます。
この個別指導と集団指導の組み合わせにより、生徒の弱点は克服され、学力とモチベーションの向上が図られるのです。

title 個別指導の賢い活用法

勉強に疲れた女子高生

学校の成績がなかなか伸びない、模試の偏差値がどうしても志望大学や志望高校に届かなかいというときに必要なのは、生徒の弱点を的確に分析し、その生徒の力に合ったところから学力を再構成することです。
ですから、やみくもに進学実績が高い塾に入れてみても、なかなか成績は伸びません。
やはり塾は集団指導ですから、受験に必要な知識やテクニックは教えてはくれますが、個々の生徒のレベルに合った授業は展開されません。

高度な授業についていけず自信だけを失ってしまうこともよく聞く話です。
では、究極の個別指導である家庭教師はどうかというと、生徒に合った授業は展開されますが、その一方で、能力のある家庭教師を確保することはなかなか難しく、生徒の性格と学力の双方に見合った家庭教師に出会うこともなかなかありません。
そこで塾と家庭教師の双方の良さを兼ね備えているのが、個別指導塾です。

title 子供の状態によって使い分けるべき教育

塾の小学生

子供の教育、特に勉学については、学校以外の部分でも教育の機会を与えたいと考える親は多いでしょう。
勉学における学校以外の教育の場としてメジャーなのは、「塾」「個別指導」「家庭教師」です。
まず、塾は基本的には講義スタイルです。
一人の先生が前に立ち、その講義を集団で聞きます。
その為どちらかといえば学校の授業以上の学習レベルを求めている子に適しています。
学校の授業を先取りして講義をすることで学校のテスト対策、受験対策をする塾は多いです。
また、学校では習わない様な難易度の応用問題を解くこともあるでしょう。
もちろん、先取りではなく復習をメインにおいている塾もあります。
しかし集団に向けて授業をするので、個別の生徒の理解度にスピードを合わせることは困難です。
自分の理解度に合わせて教えて欲しいという子供には、1対1のマンツーマンスタイルを取る個別指導という形が適しています。

学校の授業の理解不足を補う、分からないところまでさかのぼって学習をする事ができます。
集団で授業を受けるのが苦手、講義スタイルでは集中力が切れてしまう子にも個別指導は適しているでしょう。
家庭教師については、先生が自宅まで来てくれるという点で前述した2つとは大きく違います。
マンツーマンで指導してもらうという点に関しては、個別指導スタイルをとる塾に行くのと、家庭教師に教えてもらうのは変わらないように思うかもしれませんが、子供によってはまず「塾に行く」こと自体を嫌がるような性格の子もいますので、家庭教師に来てもらうことで教育の機会を増やすのはとても有効です。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031